Biography

1980年、洋画家の父、青島三郎の長男として静岡県に生まれる。
幼少のころより、虫や夜空に強い興味があり、森を遊び場として育つ。父の影響で美術が日常生活の中にあり、9歳の頃にオルセー美術館で観たルソーやマネの絵画を覚えている。14歳の時に読んだ手塚治虫の漫画と、老子の言葉「無為自然」が思想的なベースとなって、「存在」に対する好奇心を一貫して持つようになる。

父のオウル公立美術館主催(フィンランド)、北欧巡回展の時に家族でフランス、イタリアを旅行し、ジャコメッティーの彫刻と出会う。19歳の時に大野一雄、大野慶人から舞踏を学び、「存在」への興味が、肉体と精神の内面に向かう。父の死をきっかけに、石の彫刻作品《葉っぱ》を作り始め、死の側面からいのちとは何か?を追求し、二年半をかけて2005年に完成。

絵画、絵本、舞台美術、コンセプチュアル・アート、インスタレーションと表現の幅を増やしながら、制作活動を続ける。

2014年に若山美術館(日本、東京)で、絵本を美術館の空間と融合させたインスタレーションほわほわを発表。